• アブナー

マルチパラメータ患者モニターを読み取るには?

現代医学の継続的な発展に伴い、モニターはICU、CCU、麻酔手術室、病院のさまざまな診療科で広く使用されています。

患者の心電図、心拍数、呼吸、血中酸素飽和度、血圧の継続的なモニタリングが長期間にわたって行われます。患者のバイタルサインに関する重要な情報を医療スタッフに継続的に提供するため。では、そのデータをどうやって読み取るのでしょうか?

患者モニター

まず、患者モニターのパラメータの省略表現について学びます。

ECG=心電図

SPO2=パルス酸素飽和度

NIBP:非侵襲的な血圧測定

TEMP: 温度

RESP:呼吸

HR:心拍数

PLETH:体積波脈拍数、脈拍強度

PR:脈拍数

CO2/ETCO2:終末潮汐二酸化炭素

IBP:侵襲的血圧測定

BP:血圧

SYS:最高血圧

DIA:拡張期血圧

 

読み方忍耐強いモニターデータ?

 マルチパラメータ患者モニター

 

uMR P11 患者モニターのモデルには通常、次のデータが含まれます。

まず、心拍数 (HR) は通常モニターの上部に表示されます。その正常値は 60 ~ 100 拍/分です。

 

第二に、バイタルサインモニターは、収縮期血圧 (SYS) と拡張期血圧 (DIA) を含む血圧 (BP) も表示できます。

収縮期血圧の正常値は90~140mmHg、拡張期血圧の正常値は60~90mmHgです。, 血圧が120/80mmHgであれば、患者さんの血圧は正常血圧ということになります。

 

患者モニターには、患者の酸素飽和度 (SPO2) も表示できます。

通常の値は 90% ~ 100% です。値が低いほど、低酸素症はより深刻です。

さらに、患者モニターは呼吸数(RESP)も表示でき、成人の呼吸数の正常値は16〜22拍/分、新生児は60〜70拍/分です。

 

当社の uMR P11 モデル ポータブル患者モニターは、柔軟な構成が特徴です。

モニターするパラメーター、波形の掃引速度、オーディオ信号の音量、印刷テキストなど、モニターのさまざまな側面を設定できます。

ポータブル患者モニター


投稿日時: 2022 年 8 月 15 日